音からみえる絵、絵からきこえる音楽

~夏のキチムにて~

大好きなキチム。絵.アニメーションがぴったりなこの場所でライブができる事を嬉しく思います。 この度 ‟絵と音”をテーマにしたワンマンライブを開催します。 バンドメンバーはお馴染み谷殿明良さん、竹廣類さん、あだち麗三郎さん。 カルテット編成の特別なアレンジでお届けします。 ゲストはNHKおかあさんといっしょ「たいこムーン」アニメーション始め Eテレ番組、CM、MV(Polaris、小島ケイタニーラブ、ヒグチアイetc.)など様々な媒体で活躍中の 映像作家清水貴栄さん。 清水さんとは2018年、四国ガスのCMのお仕事でご一緒しました。 切り絵風の温もり溢れるアニメーションに心躍った事を覚えています。 今回、最新シングル曲「カレーといえば」に、スペシャルアニメーションMVを作って下さいました。 この日が初お披露目となります。 その他、絵からイメージして即興で音楽をつけるコラボなど、この場所でしか味わえない ライブ感ならではの瞬間をお楽しみ下さい。 音からみえる絵、絵からきこえる音楽。 夏のキチムにてお待ちしています。

サボテン高水春菜

*3/20(金)の延期公演です

出演:サボテン高水春菜(カルテット編成)

 カルテット:

 谷殿明良(トランペット)

 竹廣類(ボタンアコーディオン)

 あだち麗三郎(ドラムス) 

 

ゲスト:清水貴栄(映像作家)

日時:6月20日(土)
開場 18:00 / 開演 19:00

料金:

予約 3,300円+1ドリンク
当日 3,800円+1ドリンク

ご予約方法


【店頭予約】 

*3/20の店頭チケットを購入頂き、延期の6/20(土)のご都合がつかない方はご返金対応いたします。

​ info@kichimu.la へ1週間前の6/13(土)までにご連絡ください。

 カフェ営業時ラストオーダーの時間まで、店頭にて販売しております。

イベント時には早じまいとなりますので、営業時間をご確認の上お越しください。▶︎ 今週の予定
店頭チケット特典:優先入場(ネット予約の方より先にご入場頂けます)

 


【メール予約】 件名を「6/20予約」とし、「お名前(ふりがな)、携帯番号、人数、お連れ様のお名前」を添えて、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。
yoyaku1@kichimu.la


○メールを送信されると自動返信メールが届きます。メールの受信拒否設定をされている場合、キチムからのメールが届きません。設定の変更するかまたは別のアドレスから再度送信してください。 再送の際には「再送」とご明記ください。
○1週間経ってもキチムからのメールが届かない場合、再度ご連絡ください。その際、別のアドレスをお持ちの方はあわせてご明記ください。
○当日の開場時は整理番号順の入場となります。 整理番号は予約完了メールにてお知らせいたします。

サボテン高水春菜

シンガーソングライター ギター.ピアノ.ウクレレを軸にした物語性溢れる歌を、ソロとバンド編成で表現。 現在までに5枚のCD作品をリリース。また、マクドナルド「本のハッピーセット」など、 様々なテレビCMの歌唱やナレーションでも活動し、 世代を問わず親しまれている。

【主なCM作品】マクドナルド「本のハッピーセット」 ・四国ガスグループ ・坂口健太郎出演ニッポンハム「中華名菜」 ・多部未華子出演やよい軒 ・国際協力NGOジョイセフ「I decide」キャンペーン ピアノ作曲 現在全国公開中の映画『ハルカの陶』(監督:末次成人、主演:奈緒) 主題歌に「スプートニクの夜明け」が抜擢され、同作の挿入歌もつとめる。 ロケーションジャパン大賞審査員賞受賞 http://harukano-sue.com

作家吉本ばななさんに「春菜ちゃんの存在はこの世の奇跡です!」と評され、 その言葉を胸に日々誠実な音楽作りを邁進中。 昨年は初の台湾芸術祭出演など、活動の幅を広げている。 国内外で評価されるフードカルチャー誌『RiCE』第3号に書き下ろした詩に 曲をつけ音源化した最新作「カレーといえば」が発売中。 この春、映像作家清水貴栄によりアニメーションMVが完成。

【HP】 http://takamizuharuna.com

【Twitter】 https://twitter.com/takamizuharuna

【Instagram】https://www.instagram.com/sabotentakamizuharuna

清水 貴栄

アートディレクター / 映像作家 / コラージュ作家 1987年長野県松本市生まれ。武蔵野美術大学を卒業後、 DRAWING AND MANUALを経て、独立。 教育番組のパッケージデザインや、アーティストのミュージックビデオ・舞台演出、 大手企業のTVCMからコンセプトムービーまで、 デザイナー視点ならではの映像演出と、 独特な色彩感覚を活かしたアートディレクションで作品を作り続けている。 また、コラージュ作家としてオリジナル作品を発表し個展を開催、 ワークショップを日本各地で開催している。

http://www.shimizutakaharu.com/

© 2020 kichimu 

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン